センゴール

バリの市場には毎晩、食べ物の屋台や

色んなものを売る露店がたくさん出るところがあり、さながら祭り気分。

すべての市場という訳ではなく、ウブドのパサール(市場)には出ないのですが

そんな夜市のことをセンゴールといい、いつも地元の人々で賑わっています。

ウブドから近いのはギャニャールのセンゴール。

色んな屋台が並んでいます。

これはジャジャン(お菓子)の屋台

こちらはマルタバといって薄い生地の中に卵や肉や野菜、チーズ等を入れて

たっぷりの油で揚げ焼き。

生地を薄くのばしたり、作るのを見るのが楽しい。

なかなかの職人技なのです。

かなり脂っこいけど、生の青唐辛子をかじりながら食べると、美味〜い!!

他にもバビグリン(豚の丸焼き)、サテカンビン(ヤギの串焼き)

バクソ(肉団子スープ)、アヤムゴレン(鳥の唐揚げ)、レレゴレン(ナマズの唐揚げ)

おなじみのナシゴレンなどなど・・ 色々あって迷ってしまいます。

何を食べようかな〜と歩いていると、化粧品の露店販売をしてるお姉さんに捕まった・・

流れるようなセールストークにたじたじ。

このボディークリームは、つるつるになって肌が白くなるのよ〜

って、あやし〜〜〜い!

でもおねえさん笑顔が素敵です!

センゴールではこんな店もどうどうと並んでおります。

隣はには普通の店が並んでいる。

果たして、バリの女性はこういうところでブラジャーを買ったりするのだろうか?

ちなみに買ってるところを目撃したことは、まだございません。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.
Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>