Archive for » 5月, 2010 «

きっかけ

バリ舞踊を初めたものの、踊りはやるものではなく、見るものだ

との思いを痛感し始めた頃、友達に誘われヨガに行った。

私は体がめちゃめちゃ固いので、最初は躊躇したけど

タダで体験できるよ。と友達に言われ

タダに弱い私は、ほいほいと付いていったのでした。

スタジオはオープンスペースで、目の前は田んぼや木々が広がり

とても気持ちのいい場所だった。バリはパワースポットとか神々の島とか

よく言われるけれど、そんな中でヨガをやっていると

まさにそれを体感できるような気がした。

確かに、体が固い私にとっては、つらいポーズもあり

ヨガって以外とハードだなと、思ったのも事実。

翌日しっかり筋肉痛になったし‥

今ではすっかり有名なウブドのヨガバーン

こうして私はヨガに、はまっていったのでした〜

Category: ヨガ  Leave a Comment

バリでの生活

バリ島に長期滞在をしだした頃

友達や知り合いに、バリに行って何してるの?とよく訊かれた。

これを訊かれると、本当に困った。

なぜなら最初の頃は、何もしていなかったから。

ただただ、バリの空気を吸いたかった。

デンパサールのングラライ空港に、夕方降り立つと

湿度の高い熱気と、バリ島独特の甘いような匂い

朝、鶏の声で起きて、バリコーヒーをすすり

木々が風邪にそよぐ音を聞きながら、ゆっくりと午前中が過ぎていく。

午後は暑いので、あまり動き回れない。

最初の頃は、バイクにも乗れなかったから、どこへ行くにも徒歩。

近所をフラフラするのが精一杯だった。

でも少し歩いただけで、暑くてへろへろ

すぐに道ばたにあるカフェやワルン(ローカルの食堂)で一休み

バリの人は人なつこくて、話し好きだから、話し相手には困らない。

夜は毎晩のようにやってる、バリ舞踊の公演を見に行ったり

お寺のお祭りに行って、バリ人に混じって

ヒンズーの神様に、お祈りをしたりした。

子供も真剣にお祈りをする

そうしていると、一ヶ月なんて、あっという間に過ぎてしまう。

帰る時になって、ああ、まだ何もしていない

でも、まあ、また来ればいいや

そしてまた来る。でもまた来ても、何もしないで時が過ぎる。

そんな私でも時々、何かをしてみたくなる。

バリ舞踊を習ってみたりもした。

初めてバリに行ってから10年以上が経った時だ。

まだバリに行った事もないとき、日本でバリのレゴンダンスを見た。

来日したバリ人の踊り手の公演で、どこかお寺の境内が舞台だった記憶がある。

その踊り手が有名なのか、どのくらいの巧さなのか

その時の私には全く分からなかったけど

初めて生で聞くガムランの音色とあいまって、素晴らしかった。

その後、本場での体験(鑑賞)をし、ますますその芸術性

神懸かり的な、高度な技術に圧倒されていく。

そんな踊りを自分が習うなんて、考えもしなかった。

初めてバリに行った頃から、ウブドには踊りを勉強しに

長期滞在をしている日本人が、たくさんいるのに驚いた。

それでも自分がやろうなどとは、夢にも思わず

10年以上が経ったとき、ふとしたきっかけで

バリ舞踊を習う事になってしまったのです。

やってみるとこれがホントに難しい。

しかも暑い。

1時間の練習の間に何度も休憩

激しすぎる、私には。

ただでさえ肉体的なピークはとっくに過ぎてるのに〜

と、いうわけで、やはり挫折‥

それでも3年ぐらいは続いたかな?

そして次に出会ったのが、ヨガでした。

ハイビスカス・コテージ パート2

プトゥには弟がいます。まだ7ヶ月。

マンディ大好き。マンディとはお風呂のこと。

普通、バリ人は水マンディだけど

赤ちゃんは、やっぱりお湯を使うのね〜

やかんで沸かしたお湯を混ぜてました。

おっきな目ですね〜

マンディが終わってゴキゲン

私が泊まったのは、独立した2階建ての2階の部屋。

プライベート感ばっちり。

窓が大きくて、とても明るいんです。

あこがれのお姫様ベッドですが、使った事はありません。

キッチンの流しと別に、洗面所(ちっちゃいけど)があるのもグー!

ロスメンにはめったにない、大きな鏡もある。

でもちょっとへんだな、と思ったら少し太って写る〜

ダイエットにはいいかもね?

白い枕はなぜか私物

私が帰国する前に、宿のお母さんが、ご飯を作ってくれました。

他の部屋に、日本人の方が泊まっていたので

みんなでパーティーになりました。

サテも手づくり。めちゃうま

サテとは肉とか魚とかを、串に刺して焼いたもの。

なんと鳥まるごと一羽から作り始めます。

さばいた肉を石臼でひたすら潰し、香辛料や塩で味付けし

串に付け、ココナッツの炭火でじっくり焼やきあげて、できあがり。

バクソという、肉団子スープも作ってくれました。

香辛料がきいてて、おいし〜い!!

この前にもガドガドを作ってくれたけど、写真を撮るのを忘れてしまった‥

ちなみにガドガドは、茹で野菜をピーナツソースであえた料理。

レストランのと違って、家庭で作ったガドガドはおいしい。

食べ物の話はきりがないので、また改めて。

Category: 宿  Leave a Comment

ハイビスカス・コテージ1

ハイビスカスコテージの外観

私の最近の宿はウブドのジャラン・ビスマにある。

ジャランとは道のこと。つまりビスマ通り

ウブドのメインストリートから一本はずれているので、とても静か。

宿の周りは田んぼが広がり、とてもリラックスできます。

私が泊まっているのは”ロスメン”と言って、いわゆる安宿。

部屋にもよるけど、一泊1500円〜2000円ぐらい。

長期滞在ならディスカウントもしてくれます。

ロスメンにしてはちょっと高め?ってかんじだけど

ロケーションとか部屋の広さ、清潔さ、居心地の良さを考えると

コストパフォーマンスは高いと思う。

頼めばキッチンも付けてくれるし(ガスコンロと冷蔵庫を置くだけなんですけど)

バスタブもあって、お湯がよく出る。←これ大事。

2階の部屋は、明るくて風通しが良いし、テラスが広い。これも大事。

テラスからはこんな花も見えます

宿のオーナー家族も、同じ敷地内に住んでいるので

セキュリティー面も安心です。

もうすぐ7歳のプトゥと言う女の子がいてこの日はウパチャラ

ウパチャラとは宗教儀式のことです。

バリはヒンズー教なので、ヒンズーの神様に供え物をし、お祈りをします。

いつでもカメラ目線のプトゥ

カメラを見ないの!と、お母さんに怒られてます

そうそう、まじめにね

いつも私の部屋に来て遊んでました。

絵みたいでしょ?

次回はパート2です

Category: 宿  9 Comments

ウブド

日本は今、とても良い季節ですね。

暑くなく、寒くなく、緑や花がとてもきれいで

蚊もいないし

この時期だけは日本の方が好きかも

バリというと暑い、というイメージを持ってる人

多いですよね〜

あと海、というイメージ

私はバリに行っても、ほとんど海には行かないんです。

行くのはウブドという村

最近の旅行会社のアンケートなどでは

バリ島で行ってみたい場所、人気ナンバー1らしいので

ご存知の方も多いとは思います。

ウブドは海からは遠く、すこし山の方なので

夜などは涼しいでんす。

乾期はほんとに涼しくて特に7、8月は

南国と思って油断していくと行くと寒いくらいなんです。

供え物をお寺へ運ぶ行列。長い‥

普通の車道なので、この後ろは大渋滞

ただでさえ、いつも混んでる道なんですけど‥

ウブドではしょっちゅうこんな光景と遭遇。

毎日のように、どこかしらのお寺で

お祭りが行われています。

初めまして!

みなさん、こんにちは。

バリ島に通い続けて早18年。わ〜、年がばれる‥

とうとうネットショップを開く事になりました!

ただいま準備中ですが、近日オープン予定です。

どうぞよろしく!

ブログの方も、たくさんの写真と一緒に

バリのいろんな話をアップしていきたいと思います。

マッシリアンの日記 オープンです

まもなく開店するネットショップ masirian.comの店主マッシリアンのブログ本日オープンです!

Category: お知らせ  Tags:  Leave a Comment