Archive for the Category »宿 «

こんなに大きくなりました!

ハイビスカスコテージのプトゥとカデ

お姉ちゃんのプトゥが8歳

弟のカデが2歳になりました。

プトゥはすっかりお姉さんらしくなりましたよ〜

すご〜く足が長い!!

うらやましい・・

カデはやんちゃ盛り

プトゥは言葉が遅かったのに

カデは男の子なのによくしゃべる。

最初はマル(恥ずかしい)だったのに

なれたらずっとしゃっべっています

残念ながらバリ語なので

よくわからないけど

インドネシア語もちょっと理解するようで

なんとなくコミニケーションもとれる

きっと賢いんだね〜

でも赤ちゃん言葉だから

めちゃくちゃかわいい〜〜

ちっちゃいのに目力がすごい!

きっと大きくなったらガンタン(ハンサム)

になるね〜

Category: 宿  Leave a Comment

ウブドより

バリに来てから早くも1週間が過ぎてしまいました。

着いたときはちょうどガルンガンとクニンガンの間で

道にペンジョールが立ち並んでいて、バリに来た感倍増です。

宿はいつものハイビスカスコテージ

なんとWiFiが部屋で出来るようになってる!

1年前ぐらいから出来るようになったそうで

ウブドのほとんどのロスメンでFree WiFiみたい

すごいね〜〜〜

ハイビスカス・コテージ パート2

プトゥには弟がいます。まだ7ヶ月。

マンディ大好き。マンディとはお風呂のこと。

普通、バリ人は水マンディだけど

赤ちゃんは、やっぱりお湯を使うのね〜

やかんで沸かしたお湯を混ぜてました。

おっきな目ですね〜

マンディが終わってゴキゲン

私が泊まったのは、独立した2階建ての2階の部屋。

プライベート感ばっちり。

窓が大きくて、とても明るいんです。

あこがれのお姫様ベッドですが、使った事はありません。

キッチンの流しと別に、洗面所(ちっちゃいけど)があるのもグー!

ロスメンにはめったにない、大きな鏡もある。

でもちょっとへんだな、と思ったら少し太って写る〜

ダイエットにはいいかもね?

白い枕はなぜか私物

私が帰国する前に、宿のお母さんが、ご飯を作ってくれました。

他の部屋に、日本人の方が泊まっていたので

みんなでパーティーになりました。

サテも手づくり。めちゃうま

サテとは肉とか魚とかを、串に刺して焼いたもの。

なんと鳥まるごと一羽から作り始めます。

さばいた肉を石臼でひたすら潰し、香辛料や塩で味付けし

串に付け、ココナッツの炭火でじっくり焼やきあげて、できあがり。

バクソという、肉団子スープも作ってくれました。

香辛料がきいてて、おいし〜い!!

この前にもガドガドを作ってくれたけど、写真を撮るのを忘れてしまった‥

ちなみにガドガドは、茹で野菜をピーナツソースであえた料理。

レストランのと違って、家庭で作ったガドガドはおいしい。

食べ物の話はきりがないので、また改めて。

Category: 宿  Leave a Comment

ハイビスカス・コテージ1

ハイビスカスコテージの外観

私の最近の宿はウブドのジャラン・ビスマにある。

ジャランとは道のこと。つまりビスマ通り

ウブドのメインストリートから一本はずれているので、とても静か。

宿の周りは田んぼが広がり、とてもリラックスできます。

私が泊まっているのは”ロスメン”と言って、いわゆる安宿。

部屋にもよるけど、一泊1500円〜2000円ぐらい。

長期滞在ならディスカウントもしてくれます。

ロスメンにしてはちょっと高め?ってかんじだけど

ロケーションとか部屋の広さ、清潔さ、居心地の良さを考えると

コストパフォーマンスは高いと思う。

頼めばキッチンも付けてくれるし(ガスコンロと冷蔵庫を置くだけなんですけど)

バスタブもあって、お湯がよく出る。←これ大事。

2階の部屋は、明るくて風通しが良いし、テラスが広い。これも大事。

テラスからはこんな花も見えます

宿のオーナー家族も、同じ敷地内に住んでいるので

セキュリティー面も安心です。

もうすぐ7歳のプトゥと言う女の子がいてこの日はウパチャラ

ウパチャラとは宗教儀式のことです。

バリはヒンズー教なので、ヒンズーの神様に供え物をし、お祈りをします。

いつでもカメラ目線のプトゥ

カメラを見ないの!と、お母さんに怒られてます

そうそう、まじめにね

いつも私の部屋に来て遊んでました。

絵みたいでしょ?

次回はパート2です

Category: 宿  9 Comments