Archive for the Category »ウブド «

ウブドの夕日

今回の仕入れ旅は雨期

バリ入りする1週間前まで

ウブドは毎日大雨続きだったそうだ

私が行ってから昼間はあまり降らず

夜や朝に降ることが多かった

昼間は晴れていても夕方になると雲がでて

あまり夕焼けや星空をみることができなかった

でもこの日

帰国2日前、ヨガからの帰り道

角を曲がったら目の前に

こんなに素晴らしい夕焼けが・・

夕日は刻々と変化してしまう

この色はこの瞬間しかないのだ

と思うととても切なくなる

1日の中で一番好きな時間だ

思わずバイクにまたがったまま

カメラのシャッターを押した

2週間前に見た、タナロットの夕日より

数倍素晴らしかったよ〜

スーパーマーケット・その2

ウブドに新しく出来たスーパー、COCO

1号店がヌサドゥアにあるちょっとオシャレなスーパー

入り口の左側にパン屋があって

そこで焼いています

おいしいのかな・・ まだ試してはいません

商品もデルタデワタやビンタンに比べると若干高めかな?

ジャラン・ハヌマンのベベブンギルの隣です

再確認?

ウブドには生き物がたくさんいる

朝は鶏の声で目覚め

部屋の前の木々にはいろいろな鳥がきては

飛び去っていく

鳴き声も日本では聞いたことない

様々な美しい声で。

田んぼには白鷺が舞い降り

夜にはかえるが大合唱

トッケーという大きなヤモリがその名の通り

トッケー

と鳴く

日本ではなかなか感じることの出来ない

生き物のエネルギーを

とても強く感じられる場所だ

そして、自分もその生き物のひとつなのだと

改めて思い出させてくれる

人も自然の一部なのだと・・

スーパーマーケット・その1

久しぶりのウブドは一見変わってないようで

実際すごく変わってました。

ウブドにあった2件(今は3件!)

のスーパーマーケットのうちの1つ

デルタデワタは地元のバリ人も御用達の

老舗のスーパーですが

なんと増築されていました。

奥に広がって以前の倍くらいの広さになっていて

これが新たに広くなった部分

広くてピカピカ〜

こっち⬇は前からあった部分で

まだちゃんと改装が終わってない感じで

雑然としてる

韓国食材が意外に充実してるけど

日本食はあまりないみたい。

日本人の方がはるかに多いと思うんだけど・・

⬇ここは倉庫か?

いえいえ、店です。

でも広くなっただけで品揃えはそんなに

前と変わってないみたい。残念・・

ウブドより

バリに来てから早くも1週間が過ぎてしまいました。

着いたときはちょうどガルンガンとクニンガンの間で

道にペンジョールが立ち並んでいて、バリに来た感倍増です。

宿はいつものハイビスカスコテージ

なんとWiFiが部屋で出来るようになってる!

1年前ぐらいから出来るようになったそうで

ウブドのほとんどのロスメンでFree WiFiみたい

すごいね〜〜〜

ガベン パート2

小さいお葬式ももちろんあります。

棺の乗りもの。御神輿にそっくり!

子供を乗せて出発

焼き場へ到着

火をつけたとたんに雨が・・

あっという間にどしゃぶり

焼かれたくなかったのかしら?

いそいで屋根のあるところまで避難

雨宿り

さすが火葬場、昼間からオーブがたくさん飛んでいる

バリのお葬式といえば

前の日記に書いたような派手なお葬式が有名だし

バリの観光名物のひとつになっています。

バリの人も立派なお葬式をすることが

ステータスになっているようですが

『死者を悼むのにお金の多少は関係ない』

と友達のワヤンさんが言っておりました。

もちろんこういうバリ人もいます。

少しほっとしました。

ガベン(お葬式)

8月はバリではガベンが多いんですよね〜

お葬式と言っても合同火葬のことですが

バリヒンドゥーでは人生の最大のイベントがお葬式だそうです

多くのバリ人は、他のどんな儀式よりもお金をかけ

派手にやるようです。

なので、お葬式だからといって湿っぽい空気はいっさいなし。

より派手にやるためなのか、何人かの火葬儀礼を

共同でやる場合が多いため

亡くなってすぐにお葬式をしないことも一般的。

そのため、亡くなった人を一度埋葬し

火葬する時にもう一度、掘り起こすんです!

そして棺を高い塔のような乗り物に乗せ

火葬場へ運びます。

九重の塔?

火葬場に着いたら天へ行く乗り物

(牛とか馬とか動物が多い)に棺を移し火葬します。

バラガンジュール(↓演奏)も派手

この時は3人の合同火葬でメチャクチャ派手だった。

観光客目当ての物売りとか、地元の見物客もいて

バクソの屋台とかこんな店も・・

ゆるキャラって言うんですか?

目の位置ぜったい合わないと思う・・

宿の近所だったのでフラッと行って

バクソとアイスを食べて帰ってきました。

Category: ウブド  Tags:  Leave a Comment

お遊戯会?

左がプトゥ、真中の女将さん?はいとこ、右は友達のサンティ

前に紹介したハイビスカスコテージの長女プトゥが

幼稚園を卒園するときの踊りの発表会に行った時の写真。

この日はすごい緊張でカチンコチン。カメラを向けてもにこりともしない・・・

普段はポーズばっかり取ってるくせに〜

日本で言えば、お遊戯会とか学芸会といったところなんだろうけど

気合いの入れ方は半端じゃない。

衣装は借り物らしいけど、ビシッと大人顔負けにそろえて、メークもばっちり。

会場には写真屋さんも来て、みんな撮って貰ってるんですよ〜

前の席にはお偉いさんが座っております。

ますます緊張しちゃうよね〜

さあ、始まりましたよ〜

プトゥの出番は1番です。

一番左が女将さん、その横がプトゥ

踊りも固かったけど、ナントカ無事に踊り終えて退場

と思ったら、一番後ろを歩いていた女将さんが

さいごの階段で見事にコケて場内が大爆笑。

さすが女将さん!

そして次々と演目が披露されます。

↑この子は上手だった!

写真が分かりにくくて残念だけど、一番かわいかった鹿の踊り(の衣装)

他にもすごいたくさんのバリ舞踊あり、創作ダンスの用なものもあり

カラオケを一人で歌う子もいて不思議・・・

どうやって決めてるんだろ〜?

鼓笛隊も

いや〜 長かった・・・

おなかがすいたので、途中で帰って来ちゃった。

別の幼稚園のにも行ってみたけど、ここ程豪華ではなかった。

しかし、やっぱり気合いはすごかった。

いや〜、さすがバリ。驚きました・・

Category: ウブド  Tags:  Leave a Comment

ジャラン・ジャラン

散歩中に見つけたオジギソウの花

バリの人って誰かが出かける時、必ず

「マウ ク マナ?(どこいくの?)」って訊くんですよね〜

宿に泊まっててもそう。出かけるところを見つかると

(別にこそこそ出かけるわけじゃないですよ)

スタッフや家族に必ず訊かれる。

まあ、挨拶みたいなものなんだろうけど、意外と真剣に訊いてくるので

これがけっこうめんどくさい・・・

一日に何回も出かけたりする時もいちいち効くし

ちょっと部屋から出ただけでも効かれるんです。

はじめは、まじめに答えてたんだけど、最近の返事はすべて「ジャランジャラン!」

ジャランジャランとは散歩という意味。バリではとても便利な言葉なんです。

歩いての散歩はもちろん、バイクや車でのドライブもジャランジャラン。

インドネシア語が分からない外国人旅行者に、バリ人のおじさんとかが「マウ ク マナ?」

って一生懸命効いてる姿は微笑ましい。

最近はバイクに乗ることが多くて、歩いてのジャランジャランは

あまりしなくなってしまった。

ちなみにバリ人はオダラン(祭り)の時以外はほとんど歩きません。

100メートル離れたところでもバイクで行きます。

なんせ暑いもので・・・なかなか歩くのも大変なんです〜(^ ^;)

でも普段そんなに運動しない彼らが、オダランの時には10キロも20キロも

歩いたりできるのがすごく不思議・・・

運動能力もすごく高いし、やっぱり野生に近いのかな?

とずっと思っていました。

しかしさすがに最近は、これじゃまずいと感じて来たんでしょうか?

ランニンングしたり、サイクリングするバリ人をよく見るようになった。

新しい高そうな自転車にのって、ウエアもびしっとみんなで揃えたりして

バリのガタガタの道路を、何人かのグループで走っていたりするのを見ると

バリも変わったな〜!と思う。

私もバイクばかり乗ってないで、少しは歩かなくては!

と、モンキーフォレストまでジャランジャランしてみました。

お猿さんがお食事中でした

角のように立ってる頭の毛がかわいい!!

何を探しているのか、夢中です。

哀愁漂う背中

ウブドのスコール

梅雨ですね〜

昨日の雨はすごかった〜

バリの雨を思い出します。

バリは雨期と乾期があり、普通はだいたい4月〜9月は乾期。

なのにウブドでは、いまだに毎日雨が降るそうです。

おかしいですね〜

しかも、バリの雨といえばスコールで、短い時間でドバっと降って

さっと上がって、また晴れるっていう感じだったけど

最近は一日中シトシト降り続ける日も結構あって

異常気象なのかな?と心配になることも‥

でもバリの雨は好きなんです。

普段がすごい暑いから、ほっとするっていうのもあるんでしょうか?

土や木や植物も潤って、喜んでる気がします。

そんな豊かな雨と太陽のせいで、バリの植物はデカイ!

日本でもよく見る観用植物も、同じものとは思えない程

たとえばポトスにしても葉の全長が30cm以上あったり

クワズイモもシダもとにかくデカイ。

植物のためにも

人間のためにも必要な雨。

梅雨をうっとおしいとばかり言わずに

この季節を楽しまないとね〜

すごい色‥

こんな花(蘭の一種)も普通に咲いてる。

さすが熱帯